ビジネス実務能力開発に焦点をあてた研究活動を推進する ― Japan Society of Applied Business Studies

会の趣旨

top_president_img_tsubaki少子高齢化の進行、産業の空洞化と構造変化、情報通信技術の革新などの影響を受けて、雇用形態の多様化が進み、ビジネス現場は急激に変化しています。また、平成生まれの若者が大学を卒業して、企業・行政の最前線で働く時代を迎えています。それにともない、世代間・年代間の様々なギャップが広がり、就業に対する価値観が多様化し、働く現場では数多くの課題が噴出しています。こうしたビジネス実務の現場の変化によって、「働く人間の側」からビジネス活動をとらえる必要性が高まってきました。ビジネス現場で働く一人ひとりの人間のビジネス実務能力を開発し、付加価値を高める創造的なビジネス実務を実践することが課題となっているからです。

本学会は1981年に「日本秘書学会」として設立され、時代の要請に応えるため、1996年に「日本ビジネス実務学会」へと学会名称を変更しました。本学会は、一貫して、一人ひとりのビジネス・ワーカーの側から見たビジネス実務を研究対象としてきました。秘書研究で培われた実践研究のアプローチを基盤に、ビジネス実務活動全般を研究領域とする新しい展開を進めています。

いま、ビジネス現場では、変化する今日の社会の中で、「働く個人の能力をどのように開発するのか」「新しいビジネス・ワークをどのように創出するのか」という問題がクローズアップされています。こうした状況下、ビジネス実務能力開発に焦点をあてて研究してきた本学会の成果が、ようやくビジネス現場やビジネス教育現場に受け入れられ、実証可能になってきました。ビジネス実務教育・研究への期待はさらに高まっていきますが、一方で、厳しい評価がなされています。本学会は、これからもビジネス環境に目を向けながら、ビジネス実務の現場をしっかりとみすえ、「ビジネス実務能力の開発」をめぐって、常に新しい研究課題を探求し続けていきます。

他方、大学教育の現場では、汎用能力の開発、就業能力の開発、その前提となる能動的学習や学生中心の教育への転換など、社会からの要請を受けた教育改革が進んでいます。個々の大学が教育成果を評価して、それを高めていく努力を重ねています。実社会で働き、自らの生活を切り開いていく人材を育成してほしいという社会からの要請は、本学会の研究対象である「ビジネス実務能力の開発」への社会的な期待の高まりを示すものであると考えることができます。一人ひとりの学会員が自らの現場をもとにした研究を推進し、互いに啓発し合って、今日的研究テーマに意欲的に取り組み、実社会に貢献したいと考えています。

こうした本学会の研究を積極的に推進するためには、会員の一層の研鑽はもちろんのこと、企業で日々実務を遂行しているビジネス界の方々との連携なくしては実現不可能です。企業の実務担当者、教育・研究者、行政関係者など多数の参加を得て、相互に啓発を行い、有意義な教育・研究活動を積み重ねたいと存じます。

2015年6月13日
日本ビジネス実務学会 会長 椿 明美

PAGETOP
Copyright © JSABS 日本ビジネス実務学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.